ショッピングカート

  • カゴの中は空です。
新規会員登録する
マイページへログイン
Forlle'dクラブとは
トライアルセット
お手入れ別に探す
アイテム別に探す
ラインナップ別に探す
ホワイトメテオライト
メディア掲載情報
ご愛用者の声
美についての対談
ヒアロジーモバイルのご案内
対談カフェコーナー 内田仁子
多数のファッション誌モデルが信頼を寄せる「ユーチャリス・サロン」を主催するカリスマエステティシャン。内面からの美を追求するオーラソーマも人気。

間違った商品選びをしてしまっていませんか

昨年まではコエンザイムQ10のような、アミノ酸系の精製成分を使った製品が主流だったので、エステでもそういうものをトリートメントに取り入れているサロンや化粧品はたくさんあったと思います。
それが今ではマテリアル系といいますが、元素的なものへとシフトしてきているんです。その代表的なものが、プラチナ、ダイヤモンド、金、銀、トルマリンを使用したトリートメントおよび化粧品です。
これらはほとんど「抗酸化」に対応したもので、アミノ酸系よりもさらにすぐれたアンチエイジング効果を発揮するともいわれています。
中でも韓国では身を守る石と言われるアメジストはヒーリング効果までも付加した高機能性をうたっていたり、それに加えて皆さんがご存知のダイヤモンドを使用した製品のなかには遠赤外線を放出したりするものもあります。

こうした製品は高機能でもありますが金額的に高価なものも多く、それがかえって効き目を約束してくれるように思わせてしまうこともあると思うのです。
私のサロンにも以前からダイヤモンド配合の製品などを置いていますが、あくまでお客様それぞれの状態によって使う場合と使わない場合とがあります。
ですから皆さんもご自分でスキンケアコスメを選ぶ時に決して金額や流行だけで判断しないで自分の肌にあっているのか?使用感は好ましいか?などをきちんと確かめてから選んで欲しいと思います。

悩みの本質を知ることが大切

エステに行くときの動機として、たとえばお顔まわりのケースでいうと、ニキビやシミのケアでホームケアでは手に負えないな、と思ったときにエステに行こうと考えることがあるでしょう。そしてそこで期待することは比較的即効性のある施術、たとえばフォトフェイシャルとかが一番の近道で、そのものズバリのケアなのだと思ってしまう人も多いと思うんです。
だけど本当の原因は何なのかを究明することも無くいきなりストレートにトラブルに向かっていっても絶対にいい結果など出ないのです。
精神的なものが原因だったり、お手入れの方法が間違っていたり、そして流行に流された間違った商品選びをしてしまっていることの結果ということだってあるかもしれません。

ですから私のサロンではカウンセリングを最重要と位置づけているんです。
最初から悩み別に決められたコースでいきなり科学的な施術をしてしまうようなことはお客様本位ではない気がするのです。
私はお客様がご自分では見えていない悩みの本質を認識していただくお手伝いをしたり、客観的な目でいろいろアドバイスをしていくことこそエステサロンの存在意義だと思っています。
エステティシャンとお客様との人間関係を築くことなしにはなしえないもの、温度のある接客がエステのサービスなのだと思うのです。

本当のアンチエイジング

今はアンチエイジングということばがよく使われていますが、これは皆さんたいへん勘違いしやすい言葉だと思います。年齢とともにシワなどの老いの兆候が見えたので、それに対して処置することがアンチエンジングというのではないと思うのです。
トラブルが見えてから対処すのではなく、未然に防ぐ予防美容こそがアンチエイジングの本質だと私は考えます。

それには何より体を温め血流やリンパの循環をよくすることが大切なんです。
婦人科疾患などで悩んでいる方でも温めて改善されるケースは多いですし、そもそも冷えは体だけでなく心も萎縮させてしまいます。北欧などの寒い国には自殺者が多いといわれるのもそのためかもしれませんね。
人間の身体の大部分は水でできていることは皆さんよくご存知でしょう。だから水の動きが滞ったら心身ともに正常な動きが止まってしまうんです。
温めて循環を促すことこそが一番基礎的で最も効果的な予防美容になると私は考えます。

スキンケアにおいても水分量のコントロールが基本中の基本といわれます。
だから例えばヒアロジーシリーズのなかでも特にローションは、浸透するヒアルロン酸と表面にとどまるヒアルロン酸が真皮も表皮の角質も潤すので、まさに予防美容のアイテムとして優れた商品だと思いますね。

エステ業界の人間として伝えたいこと

最後にエステ業界の人間として皆さんに是非申し上げたいのは、エステに行ったら言葉巧みに営業されてどんどん契約させられてしまうんじゃないか、というエステに対する不信感についてです。
残念ながら行き過ぎたノルマ達成主義がそうした不信感を招いているケースは現在でも多くあると思います。

でも決してすべてのサロンが一律にそうなのではありません。
そしてエステで'だまされる'というようなイメージを抱いてほしくないのです。
そのためにもコスメ選び同様、お客様のほうもご自分のしっかりした審美眼を持っていただき人の評価に惑わされない判断をしていただくことが必要です。
エステは決して怖い場所ではありません。
銭湯に行くような気分でいらしていただきたいと私は常々思っています。